読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日、アンプラグド発売です

 本日、予定していた発売日より1日前にアンプラグド・フイナム発売です。

 

 半年の一度のルーティンとしてこれで4号目。はじめは段取りやスケジュール進行がいまくいなかくて校了ぎりぎりまでてんやわんやだったのが、すこしはマシになりました。徐々にクオリティも上がってきたということで、今号がこれまででいちばん面白いんじゃないかと自負しております。

 

 読み応え重視で編集しました。じっくり時間をかけて読んでください。当方にとっては、校了日に読まなくてはならない文字量の多さにはすこし辟易しますが。

 

 ぼくはこの号のイタリアのチェルビニアとスイス側のツェルマットの取材について行きました。ただスキー滑って食って寝るだけ。すこし手伝いました。レフ板持ったり。スキーはだいぶ自信がつきました。2月に始めたばかりのスキー。そして5回目の雪山が本物のアルプスと告白したところ、案内してくれたスイス観光局のララさんも心配そうにずっとついていてくれましたが途中から放置プレー。まあそこそこ滑れるようにはなったかなと。

 

 このスキー場はグレッシャーバラダイスと呼ばれ、氷河の上に積もった雪の上で楽しむスキー場です。氷河といえばクレバス。なので綿密に調査されてここは安全だと思われる場所を囲ってその部分でしか滑降できません。コースを外すとそこに大きな落とし穴(文字通り)があるかもしれないからです。

 

 カメラマンのMくんが撮影のため、スキーを脱いで場内を撮影していた時も、係員がスキーを履かないと小さい穴のクレバスに落ちる可能性があって危ないと言ってました。今回なんのトラブルも無くて良かったです。

 

 イタリア側とスイス側、それぞれお国の特徴がでていて興味ぶかいです。物価が安くて料理の美味しいイタリア側と、すべてがオーガナイズされていてモダンな観光地スイス側。どちらに滞在しても、ゴンドラとスキーで数時間で行き来できるので、もし仮に行くならベースはイタリア側で、ゴルナーグラートという3100メートル地点にあるクルムホテルに泊まるときだけスイス側というのもいいかもしれません。

 

 初心者のぼくがいうのもなんですが、ここはそう難しくないコースです。上級者の方はすこし不満が残るかもしれません。ただここはマッターホルンという絶景を見ながら滑られるというのが最大の魅力です。

 

 詳しくは本誌とアンプラグドのB面を参照してもらうとして、ここのパノラマは本当に見事です。

 

 しかし一週間もマッターホルンを見上げて過ごすとなるともうその景色が当然となるわけで初対面の感動はどこへやら、もう日常になるわけです。あれだけ見上げていた空に向かなくなる。むしろ地面に寝転がっている犬や猫に気がいってしまうほど。

 

 今号でニュージーランドを取材してくれたライターのSくんとも以前から何度も話してたんですが、結論として「絶景は飽きる」んですね。こんなこというとバチ当たりですみません。

 
 しかしもし今シーズン、時間が取れればここにまた戻って360キロに及ぶスキーコースを片っ端から攻めてみたい。現地の人によると2月がベストシーズン。でもその頃は次の号の編集の真っ只中。果たして…。

 

マッターホルンの東面と私。ここはゲレンデというより、ゴンドラまでの通路のようなコース。でもここはこんななだらかな斜面が2キロほど続く。

f:id:hynm_unplugged:20160920131206j:plain

 

自分で撮ったマッターホルンのベストショットの一枚。雲が岩にぶつかって波のように砕けているように見えるところが気に入ってます。

f:id:hynm_unplugged:20160920131235j:plain

編集長:蔡 俊行

SPORTS PUNK

みなさん、こんにちは。

フイナム・アンプラグドのデザインを担当しました西原です。

 

今号は「スポーツ」特集です。
でもただのスポーツ特集ではありません。。

 

f:id:hynm_unplugged:20160915101016j:plain

「SPORTS PUNK」です!

 

リオのオリンピックも記憶に新しいですが、
オリンピック種目のメジャーなスポーツだけじゃないです。
フイナムの視点でピックアップされたいろいろなスポーツの情報が詰まっています。

 

出てくるスポーツは…
トレインランニング、スキー、テニス、ゴルフ、スポーツフィッシング、
スケートボード、カヌー、自転車、相撲、柔術エクストリームアイロニング
FRVドローン、フィンスイミング、ゲートボール、e-スポーツなどなど。

 

スポーツ専門誌からはみ出した
ストイックすぎない、かっこ良さを追求したスポーツ特集に仕上がっております。

 

9/24の発売まであと8日です。

ぜひ書店で手に取ってみてください。

 

 

デザイン:西原 幹雄

DJ KRUSHさんに会って最高の1日だったぜ!って話。

副編のヒラノです。アンプラグド発売まであと2週間とちょっと。最後の追い込み時期で編集部はいい具合にピリピリしております。が、自分は本日が取材日でした。完全にビリのドンケツ。蔡さん(編集長)に怒られないように、他のスタッフにバレないよーに、こっそりと取材日をぎりぎり今日までひっぱったのには、ちゃんとした理由があったんです。

巻頭の連載企画「Precious TREASURE あの人の宝物」。今回は日本を代表するDJ・ターンテーブリスト。日本のヒップホップの始祖。そんなDJ KRUSHさんが登場します! スゲー! マジで出てくれるの!? 自分でオファーしておいて、マネージャーさんからの出演OKのメールをもらって、いちばんびっくりしたのが自分でした。そう、取材がぎりぎりになっちゃったのはKRUSHさんの予定に合わせたかったから。KRUSHさんに会えるなら、蔡さんだって印刷所だってテキトーに言い訳してごまかしときゃなんとかなるっしょ? と。それが理由でした。

この企画。一言で説明すると“あなたの宝物見せてください”という内容なのですが、今回KRUSHさんが持ってきてくれたものが超ド級にすごいです。80年代後半、KRUSHさんが原宿ホコ天でブレイクダンサーたちと一緒に路上でプレイしてた頃に、たまたま来日してたキース・ヘリングにサインをしてもらったという“あのレコード”です。なんで“あの”と強調するかと言うと。この逸話はヒップホップ黎明期のKRUSHさんの話が書かれた物の本には、ときおり出てくるエピソードなんですね。自分も若い頃に何で読んだかは忘れちゃいましたが、DJ KRUSHキース・ヘリングが、そんなところで接点があったんだなあ。ホコ天っていろんなカルチャーの原点だったんだなあ。トーキョーのオールドスクールやべーなー。と、感銘を受けたのを憶えています。……ってそのレコードですよ! その現物がいまここに!!! わかる人にはわかるこのすごさ。KRUSHさんに会えるだけでも超うれしいのに、あのレコードの実際に見られるとは! しかも触っちゃったし!! 今日取材中に思ったこと。俺、トーキョーに出てきてよかった。俺、ヒップホップが好きでマジでよかった。そんな気持ちでジーンとなりました。

詳しい内容は本誌をぜひ読んでいただきたく。ここで見せらせる写真がまったくないのが残念です。そんなわけで、唯一出せる写真がこちら。KRUSHさんと一緒に写真を撮ってもらって超うれしそうなヒラノ。です。なんか緊張と興奮が混ざったような顔してるなー。でも話が聞けて本当によかった。やっぱり会いたい人に会えるってのがこの仕事の醍醐味。今日はひさびさにそんな気分を味わった最高の日でした! この気持ちが乗っかった素敵なページができる(はず?)なのでぜひ本誌でチェックお願いします。

 

f:id:hynm_unplugged:20160906152040j:plain
見よ、このうれしそうな俺。

義足のランナーは、人間の限界を超える。

こんにちは。
フイナム編集部の長嶋太陽です。

メダルラッシュ、マリオ、吉田沙保里と、リオ・オリンピックは大盛り上がりでしたね。テレビやインターネットを通して全世界を巻き込む、スポーツの大きなパワーを改めて思い知りました。

熱狂は続きます。9月にはパラリンピックが開幕します。

さて、パラリンピックの一部競技記録がオリンピック記録に肉薄し、そして超えようとしている、という事実をご存知でしょうか。

ロンドンパラリンピック走り幅跳びの金メダリストであるドイツのマルクス・レーム選手。義足のジャンパーである彼が持つ世界記録は8m29cm、この記録は走り幅跳びの日本記録8m25cmを上回っているだけでなく、リオ・オリンピックに出場していたら、銅メダルに相当する記録です。

ここでひとつの疑問が浮かび上がります。

 

「義足は身体機能を拡張するのか?」

詳しくは本誌を読んでいただきたいのですが、義足エンジニアの遠藤謙さん曰く、答えは「条件付きのイエス」であると。

 

スポーツの公平性をはじめとして、さまざまな観点からの検証が必要になるとは言うまでもありませんが、テクノロジーの進化には多大なロマンを感じずにいられません。

今回僕が担当したページでは、前出の遠藤謙さんと、世界的ダンサー/振付師の菅原小春さんの対談を行いました。


エンジニアの観点と表現者の観点から、「テクノロジーは人間の身体をどう拡張していくのか。」に迫ります。

f:id:hynm_unplugged:20160826115303j:plainf:id:hynm_unplugged:20160826115314j:plain

 

近い未来、人間の限界を越えた「サイボーグ人間」が現れる・・・というのは、SFの中に限った話ではない。のかも。


日本時間の9月8日からはじまるパラリンピックに熱狂しつつ、9月24日発売のフイナム・アンプラグドをぜひお楽しみに。


編集:長嶋

ほぼ未経験のスポーツとファミコン用のゲームソフト。

『フイナム・アンプラグド』4号目の発売まで1ヶ月を切りました。編集部は、進行が遅れている企画の取材や入稿作業でバタバタ。さらに日々更新している「フイナム」のウェブもあり、忙しさはまさにピークです。

 

このブログでも告知している通り、今号の特集テーマは「スポーツ」。巻頭では、トレイルランニング、スキー、ゴルフ、テニス、フィッシングを、アンプラグド流の解釈から多角的な視点でフィーチャーします。

 

「フイナム」で唯一の帰宅部の僕は、この5つのスポーツの中のテニスを担当しています。学生時代にバドミントンをやっていましたが、テニスはやったことがありません。体育の授業でやったことをぼんやりと覚えているぐらい。同じラケットを使う競技でも、テニスボールはうまく打てなかった記憶が残っています。

 

手探りな状況で企画を進めるなか、編集部の中田が僕のためにあるものを持ってきてくれました。1984年に発売がスタートした、ファミコン用のゲームソフト「テニス」です。自宅にファミコン本体はないのに、段ボールのなかにこのソフトが入っていたそう。ちょうど中田が生まれた年に、このゲームも誕生。これを持っていたのは、きっと何かの縁ですね。

 

f:id:hynm_unplugged:20160819114535j:plain

 

僕はこのゲームをプレイしたことはありませんが、You Tubeにアップされていた動画を見ると、想像していたよりしっかり出来てて面白そう。もしスマホのアプリであったらやってみたいな。

 


ファミコン テニス Tennis

 

ほぼ経験のないテニスの企画がどのような形でまとまるのか楽しみ。『フイナム・アンプラグド』は9月24日発売です。

 

編集:村松 諒

リオ五輪を遠目に見つつ。ライフスタイルスポーツとしての楽しみ。

猛暑とリオデジャネイロ五輪まっただなかのこの時期。われわれ編集部も「スポーツ」をテーマとした『フイナム・アンプラグド vol.4』の熱い取材合戦を終えて、これから仕上げ作業に突入するところです。

 

と・こ・ろ・で、熱戦つづくリオ五輪の種目なかで、おもしろいトレーニグをしていたのが井上康生率いる柔道チーム。いままでの柔道にありがちな練習量勝負でなく、先進的なトレーニングを柔軟に取り入れているそうです。そのひとつに世界各地の格闘技を選手に体験させて、さまざまな間合いを習得させるというもの。NHKの番組では、沖縄角力(ずもう)やブラジリアン柔術へ出稽古している様子が放送されました。本当にいい仕事をしますね、NHKさん。

 

f:id:hynm_unplugged:20160812100703j:plain

 

さて、本誌では柔道チームも胸を借りた、ブラジリアン柔術をがっつりと追いかけています。90~00年代の格闘技界を沸かせたグレイシー一族と高田、船木、桜庭との死闘を知っているひとは、なぜにいまさら? と思うかもしれませんが、日米でいろいろとおもしろい動きが出ているんですよ。

 

たとえば、Google社の福利厚生として柔術クラスがあったり、FacebookYoutubeの社員も柔術をやっていたり。アメリカ、とくに西海岸では非常に人気のスポーツなんです。

 

まずはこの目で見ようと、都内の道場にいってきたんですが、これが想像をはるかにこえてスタイリッシュ。

 

f:id:hynm_unplugged:20160812100724j:plain

 

シックな黒いマットレス。

 

f:id:hynm_unplugged:20160812100733j:plain

Supremeのポスターが貼ってある更衣室。

 

f:id:hynm_unplugged:20160812100742j:plain

 

無骨な什器。

 

そして聞く人聞く人が、週3日~5日で練習するというそのハマリっぷり。やはり情熱を持って取り組んでいるひとの話を聞くのは非常に楽しい。そんな熱量をたっぷり染み込ませた紙面にすべき、格闘している最中です。

 

そのほか、美女だらけの柔術クラスにも潜入取材しております、はい。

 

NHKNHKのやり方で、『フイナム・アンプラグド』はファッションやライフスタイルなど、『フイナム・アンプラグド』らしいやり方でスポーツを追いかけます。

 

いまスポーツをやらないのは、人生の損だと断言しちゃいます。本誌をみて、読者がなにかしらアクションを起こしてもらえたらと。ちなみにそんな自分は、今回の柔術取材に感化されて、柔術を始めます。

 

編集:小林真理

2016年の釣りとスキー。

リオ五輪開幕。間髪入れずに水泳・荻野選手の金メダル第1号。そうれはもう、猛暑続きで気が滅入っている日本への、嬉しい夏の知らせでした。ちなみにまったく見るつもりなかった自分も、気がつけば外が明るくなっている始末。やっぱりスポーツって面白い。

 

さて、4号目となる今号の総テーマは「スポーツ」。ただ、いわゆるセオリー通りのスポーツではなく、例えばテニスのアンドレ・アガシジョン・マッケンローのように、”異端児”扱いされるような、ある種のパンク的なスタイルを感じさせる「モノ・ヒト・コト」を取り上げています。その中でも、フィッシング・テニス・ゴルフ・スキー・トレランの5つは、より深く掘り下げて多角的に紹介予定。

 

僕の担当はスキーとフィッシング。スキーは学生のときに毎週のように滑っていたこともあり、なんとなくいい塩梅は分かりますが、フィッシングは皆無。なにせやったことがないので、道具は何を揃えればいいのか、どこに行けば釣れるのか、まさに右も左も分からない状態からスタートしました。

 

f:id:hynm_unplugged:20160808125526j:plain

 

こういう時は人に聞くのがイチバン! ってことで、早速調べていくと、いろいろとかっこいい人、お店、スタイルが見えてきました。”入門編としてのフィッシング”にはなっているかなーと思っています。

 

一方、スキーは、今年の初めから「フイナム スキー クラブ」が発足したり、会社のメンバーで野沢温泉へ合宿に行ったり、とにかく周りがスキーづいていることもあり、しっかり掘り下げてみようと。”スキーは操れるようになってからがまた面白い”、あれはなるほど納得の名言だったなー。

 

f:id:hynm_unplugged:20160808125540j:plain

 

というわけで、次号『フイナム・アンプラグド』は9月24日(土)発売。
ひとつよろしくお願いいたします。


編集:中田 潤