賢い住まい方って結局なんだ?

こんにちは。編集部の小林です。 ご存知のとおり、今号は「賢い消費」特集号です。 ベストバイ的なブツカタログの色も強いので、これまでのVol.4までとすこし毛色が違うんですが、 もちろん「フイナム・アンプラグド」らしく、カルチャー関連の読み物も充実…

モノ貯金ですよ、みなさん!

Road To HOUYHNHNM Unpluggedブログをご覧の皆さん、こんにちは。現在、ロサンゼルスに渡米中の中田です。校了作業で完全に縮こまっていたカラダが、脳が、細胞が喜んでいるのが実際に聞こえてきそうな気持ちいい気候です。 さて、フイナムチームの血と汗が…

物欲、そそります。(たぶん)世界一軽い傘。

どうも、こんにちわ、山本です。 先日、ドイツのミュンヘンで行われている世界最大のアウトドアの展示会「ISPO」に行ってきました。 で、そこでビックリ、おったまげー! と思った品がこちら。 「釣り」でお馴染みダイワが手がける新たなファッションレーベ…

賢さのかたちを探して。

アンプラグドブログをごらんのみなさま。 半年ぶりにお目にかかります、小牟田です。 アンプラグドも早5号目。 今回の特集テーマは「WISE SPENDING(賢い消費)」です。 まぁ要するに買い物特集なのですが、 ものが売れないと誰もがむせび泣くこの時代。闇雲…

本日、アンプラグド発売です

本日、予定していた発売日より1日前にアンプラグド・フイナム発売です。 半年の一度のルーティンとしてこれで4号目。はじめは段取りやスケジュール進行がいまくいなかくて校了ぎりぎりまでてんやわんやだったのが、すこしはマシになりました。徐々にクオリ…

SPORTS PUNK

みなさん、こんにちは。 フイナム・アンプラグドのデザインを担当しました西原です。 今号は「スポーツ」特集です。でもただのスポーツ特集ではありません。。 「SPORTS PUNK」です! リオのオリンピックも記憶に新しいですが、オリンピック種目のメジャーな…

DJ KRUSHさんに会って最高の1日だったぜ!って話。

副編のヒラノです。アンプラグド発売まであと2週間とちょっと。最後の追い込み時期で編集部はいい具合にピリピリしております。が、自分は本日が取材日でした。完全にビリのドンケツ。蔡さん(編集長)に怒られないように、他のスタッフにバレないよーに、こ…

義足のランナーは、人間の限界を超える。

こんにちは。フイナム編集部の長嶋太陽です。 メダルラッシュ、マリオ、吉田沙保里と、リオ・オリンピックは大盛り上がりでしたね。テレビやインターネットを通して全世界を巻き込む、スポーツの大きなパワーを改めて思い知りました。 熱狂は続きます。9月に…

ほぼ未経験のスポーツとファミコン用のゲームソフト。

『フイナム・アンプラグド』4号目の発売まで1ヶ月を切りました。編集部は、進行が遅れている企画の取材や入稿作業でバタバタ。さらに日々更新している「フイナム」のウェブもあり、忙しさはまさにピークです。 このブログでも告知している通り、今号の特集テ…

リオ五輪を遠目に見つつ。ライフスタイルスポーツとしての楽しみ。

猛暑とリオデジャネイロ五輪まっただなかのこの時期。われわれ編集部も「スポーツ」をテーマとした『フイナム・アンプラグド vol.4』の熱い取材合戦を終えて、これから仕上げ作業に突入するところです。 と・こ・ろ・で、熱戦つづくリオ五輪の種目なかで、お…

2016年の釣りとスキー。

リオ五輪開幕。間髪入れずに水泳・荻野選手の金メダル第1号。そうれはもう、猛暑続きで気が滅入っている日本への、嬉しい夏の知らせでした。ちなみにまったく見るつもりなかった自分も、気がつけば外が明るくなっている始末。やっぱりスポーツって面白い。 …

フイナム・アンプラグド編集部員が思わず買ってしまった物。

どうも、こんにちわ。山本です。 あっという間に半年が経過して、新たな号に取り掛かっているナウです。 ちなみに次回はスポーツ特集。編集部随一のアスリートと化したぼくは、大好きなトレイルランニングと、一方でまったく興味のなかったゴルフの企画を担…

一風変わったスポーツ特集号。

半年ぶりにアンプラグドブログをしたためております、小牟田です。 9月24日に発売する第4号は「スポーツ」がテーマです。というのも、最近のフイナムはめっきりスポーツづいておりまして。 おかげさまでずいぶん認知度が上がってきた「フイナム ランニングク…

早速影響されました。

こんにちは。 編集の帯刀です。 ついに発売された『フイナム・アンプラグドvol.3』、もうご覧いただけましたか? 制作途中では他の編集が担当しているページを細部まで見ることがあまりないので、具体的な内容はどれも初見に近い状態。校了後の余韻を未だ引…

本日発売

本日、フイナム・アンプラグド3号目の発売日。思えば去年のちょうど同じ日に創刊号をリリースしたのでちょうど一年。なんだかあっという間。 今号の特集はアメリカ特集。編集会議では凡百のアメリカ本にするのだけはやめようということで、各人がネタを持ち…

発売まであと2日

みなさん、こんにちは。フイナム・アンプラグドのデザインを担当しました西原です。 今号は「アメリカ」大特集。ニューヨーク特集でも西海岸特集でもハワイ特集でもなく、アメリカ全土がターゲットです。だいぶスケールがでかいです。そしてあいかわらず、レ…

NY取材後記。ただいま校了日1:46でございます!

副編のヒラノです。3月頭のとある金曜。深夜1:46。もう明日の朝までに印刷所に原稿を戻して校了せんとヤバいっすっ! という状況でこのブログを書いております。そう。今日がアンプラグドの校了日。編集部がイイ具合に淀んでおります。空気が悪い! 男CO2充…

AMERICAN INDIEが買える店。

こんにちは。編集部の長嶋太陽です。 フイナムが手がける紙の雑誌「フイナムアンプラグド」。 3号目となるアメリカ特集号の発売まで、あと2週間です。 僕が担当する「AMERICAN INDIE BRAND」ページでは、アメリカのディープでインディペンデントでインディー…

初めて訪れた場所。

2月21日に『フイナム・アンプラグド』のファッション撮影で千葉・九十九里に行ってきました。少し風が強かったけど快晴。撮影するにはもってこいの天気でした。当初の予定では、前日の20日に行う予定でしたが、一週間前から予報は曇りのち雨。毎朝、ニュース…

アメリカで感じる日本のこと。

日本では、歴史的経緯や文脈から完全に悪者扱いされている「入れ墨」。“ところ変われば品変わる”ということで、アメリカでは大人気の入れ墨事情を追いかけました。 アメリカでは、若い人の間ではとくに人気の入れ墨ですが、非常に高い人気と尊敬を集めるのが…

僕の知らないアメリカ。

これまで渡米したのは4回。 ポートランド(1997年)ワシントンD.C(1998年)ボストン(2014年)ロサンゼルス(2015年) 初めてアメリカの地に降り立ったのは13歳のとき。場所はオレゴン州ポートランド。今でこそ色んなメディアがこぞって取り上げるほど、注…

編集者としての必需品。文具編。

こんにちわ、山本です。 あっという間に半年が過ぎ、三度絶賛制作中の「フイナム・アンプラグド」。 僕自身の担当は、ランニング関連にスニーカー、トレイルランナーにアメリカン・サイクル・カルチャーと相も変わらずのガチなスポーツ関連がメイン。 とはい…

一度は行くべし、OJAI。

こんにちは、小牟田です。『フイナム・アンプラグド』も次号で3号目。 今号のテーマは「アメリカ」です。 西ですか? 東ですか?なんてよく聞かれるんですが、えーと、全部です。 西海岸も、東海岸も、北部も、ファッションも、アートも、フードも、ありとあ…

雑誌を抱えて、街へ出よう。

こんにちは。編集の小林です。 発売から数日が経ちました。『フイナム・アンプラグド』手に取って頂けましたか? このブログを読んだ人は最低10人に買うように催促のメールしてください。でないと呪われますので。 本題ですが、担当した企画についてちょっと…

制作期間中に僕が食べたいろんなもの。

副編ヒラノです。フイナム・アンプラグド本日9/24に発売となりました! 今回も制作は押せ押せ。おそらく自分がいちばん遅くて、校了日を過ぎてなお あれもこれもまだ全然終わってねー!汗…。という状態でした。 こんなに焦りを感じたのは5年ぶりくらい。胃が…

発売まであと2日

みなさん、こんにちは。 フイナム・アンプラグドのデザインを担当しました西原です。 今号ももちろんヒップずくしです。 もう見られた方も多いかと思いますが、 あらためて、表紙の画像をご覧下さい。 フライヤーも絶賛配布中です。今回は本屋さん用POPも作…

いまだから話せるひとつの創刊号制作秘話

あと一週間後にフイナム・アンプラグド2号目が発売される。創刊号から半年、あっという間だった。 今回は前号の入稿時のバタバタを少しでも軽減し、さらなるクオリティを目指すためにずいぶん前から準備していたつもりだったが、蓋を開けてみれば豈図らんや…

メッケ隊の勢い(暴走)は止まらない…

こんにちは、アンプラグド須川です。 発売日まであと9日となった「フイナムアンプラグドvol.2」が このブログを書いている今(9月9日)、校了しました。 というわけで、 私の担当している連載「メッケリターンズ」も無事に校了。 あとは発売を楽しみに待つば…

新居をお探しの方、どうですか?

9/24売りということでもちろん秋冬号なわけですが、 諸々の撮影を行っているのは7,8月が中心。 夏が“嫌いなものベスト3”に入る僕は、 気温30℃オーバーの炎天下で「暑い暑い」連呼しているわけですが、 一番大変なのは当然冬物を着ているモデルさん。 本当に…

遠征に次ぐ遠征。

読者のみなさま、こんにちは。 編集の海山です。 編集長のブログにもありますが、 お恥ずかしい話しで原稿を書くのに一所懸命になっている次第です。 (8月30日現在。ちなみに誕生日) となりでは、同じく原稿で追い込まれている編集の南が どうしても青竹踏み…