読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の釣りとスキー。

リオ五輪開幕。間髪入れずに水泳・荻野選手の金メダル第1号。そうれはもう、猛暑続きで気が滅入っている日本への、嬉しい夏の知らせでした。ちなみにまったく見るつもりなかった自分も、気がつけば外が明るくなっている始末。やっぱりスポーツって面白い。

 

さて、4号目となる今号の総テーマは「スポーツ」。ただ、いわゆるセオリー通りのスポーツではなく、例えばテニスのアンドレ・アガシジョン・マッケンローのように、”異端児”扱いされるような、ある種のパンク的なスタイルを感じさせる「モノ・ヒト・コト」を取り上げています。その中でも、フィッシング・テニス・ゴルフ・スキー・トレランの5つは、より深く掘り下げて多角的に紹介予定。

 

僕の担当はスキーとフィッシング。スキーは学生のときに毎週のように滑っていたこともあり、なんとなくいい塩梅は分かりますが、フィッシングは皆無。なにせやったことがないので、道具は何を揃えればいいのか、どこに行けば釣れるのか、まさに右も左も分からない状態からスタートしました。

 

f:id:hynm_unplugged:20160808125526j:plain

 

こういう時は人に聞くのがイチバン! ってことで、早速調べていくと、いろいろとかっこいい人、お店、スタイルが見えてきました。”入門編としてのフィッシング”にはなっているかなーと思っています。

 

一方、スキーは、今年の初めから「フイナム スキー クラブ」が発足したり、会社のメンバーで野沢温泉へ合宿に行ったり、とにかく周りがスキーづいていることもあり、しっかり掘り下げてみようと。”スキーは操れるようになってからがまた面白い”、あれはなるほど納得の名言だったなー。

 

f:id:hynm_unplugged:20160808125540j:plain

 

というわけで、次号『フイナム・アンプラグド』は9月24日(土)発売。
ひとつよろしくお願いいたします。


編集:中田 潤