ほぼ未経験のスポーツとファミコン用のゲームソフト。

『フイナム・アンプラグド』4号目の発売まで1ヶ月を切りました。編集部は、進行が遅れている企画の取材や入稿作業でバタバタ。さらに日々更新している「フイナム」のウェブもあり、忙しさはまさにピークです。

 

このブログでも告知している通り、今号の特集テーマは「スポーツ」。巻頭では、トレイルランニング、スキー、ゴルフ、テニス、フィッシングを、アンプラグド流の解釈から多角的な視点でフィーチャーします。

 

「フイナム」で唯一の帰宅部の僕は、この5つのスポーツの中のテニスを担当しています。学生時代にバドミントンをやっていましたが、テニスはやったことがありません。体育の授業でやったことをぼんやりと覚えているぐらい。同じラケットを使う競技でも、テニスボールはうまく打てなかった記憶が残っています。

 

手探りな状況で企画を進めるなか、編集部の中田が僕のためにあるものを持ってきてくれました。1984年に発売がスタートした、ファミコン用のゲームソフト「テニス」です。自宅にファミコン本体はないのに、段ボールのなかにこのソフトが入っていたそう。ちょうど中田が生まれた年に、このゲームも誕生。これを持っていたのは、きっと何かの縁ですね。

 

f:id:hynm_unplugged:20160819114535j:plain

 

僕はこのゲームをプレイしたことはありませんが、You Tubeにアップされていた動画を見ると、想像していたよりしっかり出来てて面白そう。もしスマホのアプリであったらやってみたいな。

 


ファミコン テニス Tennis

 

ほぼ経験のないテニスの企画がどのような形でまとまるのか楽しみ。『フイナム・アンプラグド』は9月24日発売です。

 

編集:村松 諒