そもそも、お金って何なんですか?

こんにちは。

編集部の長嶋です。

 

突然ですがクイズです。 

 

Q.『お金』って何?

 

あまりにも唐突なクエスチョンですが、

ワイズ・スペンディングを考える上で、

普段誰もが疑いなく使用している『お金』の正体を知ることから始めてみましょう

 

答えはこちら。

 

A.お金の正体とは『信用』のことです。

 

イマイチわかりませんね。

 

お金の正体とは、

「これはお金だ!価値があるんだ!」と、取引をする相互が信じ合うことにあるのです。


物質的にはただの紙だったり金属だったりするのに、なぜそれをお金として信じるのか?
それは国という大きな権力が「お金だよ!信じていいよ!」と保証してくれているからで、

日本円を当たり前のように使う我々は、つまり日本という国を信じているということになるんです。間接的に。

 

日本は国家を運営するシステムが概ね正しく機能しているので、お金を疑うという発想自体を持ちづらく、信用するのが当たり前。
だから、「お金って何?」という問い自体がいまいちよくわからないんですよね。(でもこれって、ちょっと怖いことかも?)

 

さて、舞台が発展途上国になれば、話はガラリと変わります。

国家システムが整備されておらず、不正や不備も多く、例えばインフレやデフレの頻発でお金の価値が安定しない。

一生懸命貯蓄しても、価値がなくなったり、誰かに盗まれたりしたら嫌ですよね。

 

そんな状況下で、グローバル市場で安全に活用できるお金として注目を集めているのが電子マネーなのです。

 

f:id:hynm_unplugged:20170321153604j:plain

 

電子マネーは、ブロックチェーンというテクノロジーによって、その安全性を担保されています。詳しい説明はGoogle先生に譲りますが、 インターネット上に存在する「お金」を、国境を超えて信じ合うことができつつあるんですね。

 

ビットコインは、そんな電子マネーの筆頭銘柄。日本でもインターネット上の取引所で誰もが手に入れられます。

 

当然、新しく価値あるシステムが生まれれば、そこに目をつける人もいる、というわけで。

このビットコインに対する投資がここ数年ホットなトピック。

 

 

f:id:hynm_unplugged:20170321145536j:plain

 

 

 映画ソーシャルネットワークにも登場したウィンクルボス兄弟は、ビットコイン投資で巨万の富を得たとか。

 

 「人は必ず楽な方に流れる。長い目で見れば、電子マネーは絶対に主流になる。」

短期的な投資での利益云々ではなく、今後社会インフラの一つになるテクノロジーとして注目しておいた方が良さそうです。

 

 

と、長々と書いてみましたが、実はこの企画、本誌の方では誌面構成上の都合で掲載できず・・・。

 

だいぶ噛み砕いて書いてみたつもりですが正直難しいんですね。

けれど、ワイズ・スペンディングを考える上で、「お金って何?」「未来のお金がどうなるの?」という問いは避けて通れないと思います。

 

本誌の方では、お金の使い道にフォーカスしてますが、

さらに遡って考えてみてはいかがでしょう。

 

 編集:長嶋太陽