読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日発売です。

 フイナム・アンプラグドno.5本日発売です。

 いつかわやりたいと考えていた、モノ特集。買い物ガイド。それをすこしだけフイナムらしい切り口にしてお届けします。

 すでにご承知の通り、タイトルは「ワイズ・スペンディング」。

 ”良い買い物がしたい”という欲求を満たすべく、編んでみました。書店で確認してください。

 

 今回は5号目ということで、少しは進行がよくなるかと思っていたら前4号目以前の厳しい進行となり、いろいろ大変でした。でも発売されてみるとそんな苦労はどこへやら。

 今号は基本大きなところ以外は、ぼくは口出しせず、編集スタッフに任せました。おかげでこれまでよりいい本になったと思います。

 

 ちょうど打合せ、撮影が終わり、デザイン出しも終わったところで、空白の数日が生まれます。ちょうどライターさんやら編集者が原稿を書く時間ですね。自分自身、原稿書くところはないので、この間、次号につながるリサーチ兼ねて海外へ行ってきました。なにかあれば連絡を。まあよくあるメッセージ。

 幸か不幸か、なにもなかったようで、代官山から急ぎの連絡はありませんでした。しかし成田から緊急事態発生かのような連絡が同行の方の携帯に何度も入ったのです。

 どうやら帰国日を1日間違えていたらしく、泊めていた駐車場の方が確認のため電話してきたということでした。ぼくは飛行機モードで通話とモバイル通信を切っていたため連絡できず、困った係りの人が同行者に連絡したというものです。

 すぐ会社に連絡し、先方に説明してもらい事なきを得たのですが、帰国日を間違えるなんてこれまで考えられなかったようなミス。そろそろ自分にも老人力(©赤瀬川原平)がついたということでしょう。

 本の編集にはなるたけ、この老人力が表出しないように気をつけていますのでご安心を。

 

 ところでどうにもこの「です、ます」調文体だとリズムに乗れないようで。

 本誌は基本「だ、である」文体です。どうも個人的にはぼくはそっちの方が文章が読みやすいのですが、なにかとうるさいご時世、上から目線文体だなどと文句のひとつも言われるかもしれませんが、そこは読者の皆様、気分を害さないで読んでください。

 ということで、よろしくなのだ。

 

↓某国スーパーマーケットにて。謎のケーキ。まったく美味そうじゃないのがご愛嬌。

f:id:hynm_unplugged:20170322144652j:plain