1984〜1986年生まれ。

f:id:hynm_unplugged:20170908111115j:plain

 

ミニ四駆、コロコロ、BACK TO THE FUTURE、写ルンです、NOWHERE、パブリック・エネミーウータン・クラン、ア・トライブ・コールド・クエスト、スパイク・リー、DO THE RIGHT THING、2PAC電波少年Jリーグチップス三浦知良AIR MAX 95、スラムダンクA BATHING APE®、カセットテープ、スーパーファミコンストリートファイター2餓狼伝説、キングオブファイターズ95、セガサターンバーチャファイター、BOON、ASAYAN、relax、studio voiceマイケル・ジョーダン、コビー・ブライアント、アレン・アイバーソンエヴァンゲリオンごっつええ感じ野茂英雄、さんぴんキャンプ、NUMBER (N)INEエディ・スリマン、ハイスタンダード、安室奈美恵鈴木亜美広末涼子

 

つらつらと思いつくままに挙げてみたキーワード。共通しているのは、1984年前後に生まれたひとたちが、おそらく通ってきたであろう青春時代のモノ・ヒト・コトです。

 

昨今、ファッションの現場、そして教育や政治の分野でも、時代の変わり目とよく耳にします。同じような境遇を過ごしてきたのが、1984〜86年生まれの世代。今号では、そんな時代に生まれたデザイナーに迫った企画を担当しました。

 

年号が昭和から平成に変わり、教育は詰め込みからゆとりへ。ファッションは裏原からモードへ。幸か不幸か、2つの文化に挟まれた時代を過ごしてきた、通称“ハザマ世代”。再び歴史が繰り返そうとしているいまこそ、彼らに聞きたい、当時の思いや自身の歴史。時代に翻弄されながらも、自分の芯を貫いてきたデザイナー4名に青春期をプレイバックしてもらいました。

 

かくいう自分も1984生まれ。今回4人の話を聞いて、もっとストイックに頑張らねば、と思った次第です。

 

編集・中田