モダンな “箱”。

『フイナム・アンプラグド』のブログをご覧のみなさま、

こんにちは、編集部の村松です。

 

雑誌の発売まであと10日ですが、

まだ担当ページが校了できていません。

先週の金曜、大半の企画を校了できたので、

ちょっと安堵した自分が甘かった…。

残り4ページを今日中になんとかしたいと思っています。

 

 

このブログでは、『フイナム・アンプラグド』の撮影中、

気になった “箱” を紹介します。

 

f:id:hynm_unplugged:20170912152202j:plain

f:id:hynm_unplugged:20170912154356j:plain

 

これは、撮影で伺った東京・銀座にある

「CK カルバン・クライン」のショップで見つけました。

ピンクとグレーの大胆な色の切り替えが印象的で、

箱の角を見てみるとカッシーナのロゴに加えて、

シリアル番号とル・コルビュジエのサイン。

ちょっと欲しくなって、編集部に帰って調べてみたところ、

まったく同じものは載ってなかったのですが、

近いものがありました。

 

www.cassina-ixc.jp

 

「LC14」はスツール。

1952年にコルビュジエが、晩年を過ごした別荘用に

妻への誕生プレゼントとしてデザインしたもの。

一見、ただの木の箱ですが、これも良いかも…。

スツールとしてはもちろん、雑誌などを置くのに使っても良さそうだし、

ベーシックなデザインだから飽きることなく使えそう。

次号のアンプラグドの「Shopping Addict」で紹介しようかな。

 

ただ、「CK カルバン・クライン」で見たものは

カッシーナのサイトには載ってなくて、

そのあともインターネットを使って探しているのですが、

結局、いまに至るまで見つかっていません。

こういったところも、アートが好きで、

インテリアデザイナーとしての経験も持つ、

ラフ・シモンズならではのセレクトと言えますね。

 

 

この “箱” は紹介していませんが、

雑誌『フイナム・アンプラグド』は9月22日発売。

ぜひ手に取ってみてください。

 

村松 諒