製作期間中に僕が食べたいろんなもの。その2

副編ヒラノです。フイナム・アンプラグド6号目。明日9/22(金)発売です。今回、自分は得意分野を活かしたページをいくつか担当してますが、ぜひ見ていただきたいのが関西のカレー屋さんを取材して回った「関西のカレーを堪能する旅」という企画です。食べるのが好きな人にとって、昨今のカレーブームは周知のとおりとは思いますが、そもそもなぜ自分がカレーにハマったのかと言いますと、2年ほど前に、毎週秋葉原へ定例MTGに行かなければならない時期がありまして、その毎週のランチを充実させるため、アキバ中のカレー屋を食べつくそうと立ち上げたのが「#ライノカレー会」なるグループでした。インスタに食べたカレーをタグ付けしてアップするだけだったんですが、これが意外に楽しく、かつアキバのカレー屋の多さも相まって、どんどんハマってしまったというのが始まりです。

 

その後はカレー好きの定番コースで、大阪のスパイスカレーブームに乗っかり、いろいろ食べまくり、大阪だけにとどまらず、全国各地、出張に行くたびに人気のカレー屋を巡ったり、果ては自分でも作ってみたり。そんなカレー漬けの毎日です。で、今回のアンプラグドの特集が「趣味」。自分でやりたいと言ったかどうかは忘れましたが、食のページはカレーで。カレーと言えばヒラノ担当で。という、そんな流れだったと思います。

 

ここでは、取材してきたカレー屋さんはあえて載せず、この製作期間中にいろいろ食べてたものを、カレー中心に紹介していこうと思います。というのが、2号目のときに書いたブログ「製作期間中に僕が食べたいろんなもの。」が、まあまあ反響があったので(笑)、それのバージョンアップ版って感じです。この2年で自分の食がどう変わった? そのへんも感じ取りながらこのブログを書いていこうかなーと思います。では、行ってみましょう!

 

f:id:hynm_unplugged:20170921172414j:plain

今回の取材期間中に、大阪スパイスカレーの有名店「旧ヤム邸」が下北沢に進出。初日に並んで食べました。もともと好きだったので下北で食べれるのは嬉しい! そういえばWEB版の編集長コムもブログに書いてたな。

 

 

f:id:hynm_unplugged:20170921172508j:plain

吉祥寺の「ピワン」は、立地的になかなか行く機会がなかったんだけど、こないだついに初訪問。ヒラノ好みのシャバシャバ系。見た目もキャッチーです。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921172653j:plain

カメラマンの水谷太郎さんに教えてもらった原宿のスープカレー「ばぐばぐ」。そっち方面にいくことがあれば大概ココ。和風スープ・豚ひき肉納豆カレー・オクラトッピングが自分的ベスト。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921172734j:plain

代々木八幡の日本酒バー「酒坊主」は、「〆のカレーが絶対ヒラノさん好みだよ!」と教えてもらったお店。このカレー目的で行っても良いくらい。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921172819j:plain

恵比寿にできた「あしたの箱」。大阪の名店出身の方がやってると、カレー好き界隈では話題になってました。チキンカレーのみお店。女性店長さんの帰り際の「いってらっしゃい!」のあいさつが気持ちいい(笑)。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921172928j:plain

サマソニに向かう途中、今回の関西カレー企画の写真をお願いしたカメラマンの田邉剛くん(カレー仲間)と行った西葛西の「レカ」。ビリヤニがうますぎる! 思わずおかわり。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173004j:plain

新宿の「アカシア」はロールキャベツだけじゃなくて、カレーも美味い。どっちも食べたいからいつもダブル。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173108j:plain

週に2~3回は行ってる「ココイチ」。豚しゃぶカレー・あさり・ほうれん草、辛さ2が自分の定番。これに期間限定? の辛いトマトを付けてみたり。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173217j:plain

f:id:hynm_unplugged:20170921173259j:plain

製作期間中にガールフイナムhttp://girl.houyhnhnm.jp/の撮影でNYへ行ってました。アンプラグドVol.3のときのNY企画で取材した「ギャラガーズステーキハウス」に再訪。クリントン元大統領も食べたというここのポーターハウスが、自分的にはNYのステーキの中でもいちばん美味しいと思う。下の写真は、初めて訪れたタイムズスクエアで、テンション高めのカメラマン澤田くんとスタイリストあなごくん。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173336j:plain

f:id:hynm_unplugged:20170921173505j:plain

NYから戻ってすぐ。巻頭連載のF.I.B.の取材でSOPH.清永さんと一緒に札幌へ。なんと今回は小野伸二さんにインタビューしてます。会えて感激! 札幌といえばの「すみれ」のラーメンを初体験。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173559j:plain

韓国料理と言えば、で最近のお気に入りは赤坂の「チョンソル」。ここのポッサムはぜひ食べてみてほしい。付け合せのキムチに牡蠣が入ってて、これがマジで美味すぎ!

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173702j:plain

普段の(夜の)行動エリア。渋谷マークシティ近辺で、焼き鳥を食べたいときにいくのが「鳥市」。ここの卵メニューの「くまたま」がお気に入り。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173751j:plain

卵と言えば、もうひとつのお気に入りが、いずれも激安で人気の原宿「ゆかり」と渋谷「幸ちゃん」(ふたつは姉妹店)の、ニラ玉。いつも2~3回はおかわり。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921173906j:plain

f:id:hynm_unplugged:20170921174025j:plain

カレーと同じくらいハマってしまった衝撃的に美味すぎる唐揚げ屋「がブリチキン」。仲間内から“ヒラノといえばがブチキ”と揶揄されるほど。とにかく美味すぎる! ある意味カレーよりもここの唐揚げと骨付鳥(親)をオススメしたい! 個人的には渋谷・百軒店店がいきつけで居心地良し。ここのカレーもなにげに美味しい。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174132j:plain

UA吉田さん(左)とは最近特によく仕事をしていて、週に何度も一緒。ごはんを食べることしばしば。写真は吉田さんが誕生日を迎えたその瞬間に、松見坂「丹虎」で撮った一枚。このホルモンと野菜いっぱいの鉄板焼きは10年来の定番。フイナムの編集スタッフ中田潤(右)と。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174233j:plain

そのUA吉田さんとの毎週の打ち合わせ後に食べるのが、青山一丁目の「海の宴」という何でもない居酒屋がやってるランチの台湾ラーメン。ニラがどっさり。その下のもやしと粗目のひき肉、そして麺。毎週食べても飽きない美味さ。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174321j:plain

関越道の下り三芳サービスエリアはカレーが熱い。見よこのラインナップ! げんこつ唐揚げカレーがオススメです。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174405j:plain

関西と同じくらいカレーが熱い街、福岡。ごはんが美味くて大好き。毎月でも行きたい。今回はカレー屋に行くタイミングがなく、朝イチでうどん屋へ。前から気になってた赤坂「麺工房なか」。筑後うどんってジャンル? らしいんですが、博多うどんと同じくコシがないタイプ。細くて長いふんわり系。出汁は薄くてちょい甘め。お店も清潔で再訪決定。11:00から空いてるのも嬉しい。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174535j:plain

で、福岡に「万作」というイイ感じの居酒屋さんがあって、そこに生ピーマンにひき肉をのせた“P肉”って名物メニューがあるんです。それとほぼ同じものが会社すぐ裏、代官山で食べれるじゃん! ってのがこれ。「choi.s(チョイス)」って店です。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174632j:plain

f:id:hynm_unplugged:20170921174713j:plain

これも福岡ではないんですが。浅草のもつ鍋屋「よし藤」がとにかく美味しくて、福岡で食べるよりここなんじゃないか!? ってくらい。聞けばスタッフ全員が福岡から上京されてるとかで、つまり本場の味そのまま。鍋はもちろん、ゴマ鯖も絶品。あと下町よろしくお酒がしっかり濃い目なのも嬉しい。毎回ベロベロです。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174749j:plain

カレーに戻って。最近関西で食べたカレーをいくつか。大阪の夜の〆に行った「貝と海老そして蟹」はカウンターだけのBAR。こういうBARだけど美味しいカレーを出してる店が多いのも関西の特徴ですね。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174834j:plain

今回の取材時に合間を縫っていった天満の「ガネーシュ N」。カレー食いまくりの過酷な取材の最中にもかかわらず、美味い!と言わせるだけの実力派。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921174918j:plain

日に4~5軒のカレー屋を回るのは好きとはいえ本当にしんどくて、急遽“食べる要員”として、大阪出身のスタイリスト森山ちゃんの弟(左)を招集。なのに、まさかの辛いものが苦手という役立たずっぷりに憤慨するカメラマン田邉剛くん(右)。ちなみにこれは「ボタニカリー」です。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921175015j:plain

これはつい先週食べた東天満の「ココペリカリー」。食材にこだわる店主が情熱的にいろいろ説明してくれました。イイ人。

 

f:id:hynm_unplugged:20170921175052j:plain

神戸の「ショナルパ」店主、ムカルジーさんが教えてくれたお米。これが最高級品でいちばん美味しいとのこと。いまいちばん欲しいお米。ネット通販か?

 

f:id:hynm_unplugged:20170921175141j:plain

f:id:hynm_unplugged:20170921175242j:plain

同じく神戸。北インドの家庭料理が食べられる「クスム」が、下階でやっているスパイス屋さん。とにかく安い! ここで買ったオリジナルブレンドされたカレーパウダーがすごく自分好み。もっと買っておけばよかったと後悔。下はヒラノ自宅のスパイスセット。カスリメティとマスタードシードがヒラノカレーのポイント。

 

…という感じが、最近の自分の食でした。全体的に茶色い食べ物ばっかりですね。カレーに関しては、アンプラグド本誌の載ってるお店がさらにオススメで、京都、大阪、神戸それぞれにテーマを持って紹介しています。そちらも自信ありなラインナップなので、ぜひ見てみてください!