書店に並びました

 本日アンプラグド・フイナム発売日です。

 いつも近くの書店にないなんて声をよく聞きます。ない場合、fujisan.co.jpかAmazonで。今号も内容たっぷり詰まっています。

 もうすでにスタッフたちがこの欄で説明しているように特集のテーマは「趣味」。

 余暇や余裕ができると人は「カスタマイズ」と「暇つぶし」に精を出すというのがぼくの持論。趣味は格好の「暇つぶし」といえます。ファッションは「カスタマイズ」。

 そういう観点から面白い趣味や面白い人を大勢紹介しています。

 

 さて、今号でまる3年。来春からは4年目に突入です。雑誌不況の中、厳しい航海を覚悟していましたが、豈図らんや意外と健闘しているというのが率直なところです。これもひとえに指示してくださる読者の方々と協賛してくださるクライアント企業さん、そしていい場所をくださる書店さんのおかげ。感謝です。

 紙の媒体を出すことについて、「蔡はもう紙はやらないと言って、WEBマガジンを出したのに宗旨替えしやがって」的な反応を方々で聞いたことがあります。あれ、紙やらないって宣言したっけ? というのが率直な感想です。紙やらないじゃなくて、紙できない(お金ないから)が正解です。

 まあ宣言したとしてもしなかったとしてもいいじゃないですか。もうすこし出版文化に貢献したいと思っています。なので4年目、5年目も勢いを落とさず乗り切っていきたい。そのためにはちょっとした誌面構成の見直しや特集の考え方などもすこし変化つけていこうかなと。いい意味で読者の皆さんを裏切らないと飽きられますもんね。

 次号の話をすると鬼に笑われそうですが、すでに企画は動いてます。最新号発売日にする話じゃないけど、それくらい前もって綿密に動いているわけです。

 その前にぼくらが一生懸命作った本、応援してください。買ってください。

 よろしくお願いします。