陸の孤島、マーファ。

半年に一回の「フイナム アンプラグド」も7号目となりました。編集の小牟田です。

時代に逆行した?雑誌プロジェクトも、3年半を迎えました。「3日、3週間、3ヶ月、3年の法則」なんていうのがありますが、3年を超えたということでそれなりに世間のみなさまに認めていただけたのでしょうか?

さて、今回のテーマは「お店」です。ECがこれだけ流行っている昨今、改めてリアルショップの魅力を突き詰めてみようというのが趣旨です。

今回自分はテキサス州のマーファに向かいました。陸の孤島とも言われるマーファには、わざわざ行く価値のあるお店がわんさかあるというわけで、行ってきた次第です。

お店紹介は本誌を見ていただくとして、本ブログは番外編として、マーファの空気感とかそういったものを感じていただければと思います。

えー、とても長いです。

f:id:hynm_unplugged:20180308111435j:plain

メキシコ国境近くの「エルパソ空港」。近隣の山々が気分を盛り上げます。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111438j:plain

ルケーシーのブーツが飾られてました。いいねぇ。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111442j:plain

そのへんのメキシコ料理屋で。ソウルフードですね。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111449j:plain

空港からマーファまではおよそ300キロ。ずーっとこういう道です。。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111452j:plain

右見ても左見てもこんなんです。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111457j:plain

途中の街「バン・ホーン」にある「ホテル エルキャピタン」。雰囲気ありすぎ。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111500j:plain

アメリカではどこに行っても、こういうお土産が売ってます。たいがいダサいですが。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111506j:plain

歴史から取り残されたかのような建物。写欲をそそります。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111510j:plain

クルマのナンバーもなんかいいなぁ。ハワイ州の虹もいいけど、こっちもね。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111514j:plain

で、さらにクルマを進めると、突然現れる「プラダ マーファ」。記念写真必須です。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111517j:plain

現在中はこんな様子。このまま朽ちていくことを良しとした現代アート作品なのです。

f:id:hynm_unplugged:20180308111521j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180308111524j:plain

フイナムが来たぞ、という証は残しておきました。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111528j:plain

のんびりしているとすぐに夕暮れが。エグいぐらい美しいです。

 

で、ようやくマーファに着いた時にはもう夜。ホテル近くのレストランでささっと夕食を。

f:id:hynm_unplugged:20180308111531j:plain

…なのですが、いちいちクオリティがハンパない。「The Capri」というニューアメリカンのレストラン。絶対に行くべし。

 

初日、2日目はこちらのモーテルに。はっきり言ってめちゃおしゃれです。

www.thunderbirdmarfa.com

f:id:hynm_unplugged:20180308111550j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180308111556j:plain

フロントには以前ヨ・ラ・テンゴが来た時のポスターが。欲しい。。。

 

朝食は毎日ここ。「Buns N' Roses」。いい感じふざけた名前ですが、味は確か。しかも朝7時から営業しているので、重宝するんです。

www.tripadvisor.jp

f:id:hynm_unplugged:20180308111538j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180308111630j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180308111714j:plain

素朴で最高です。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111542j:plain

オリジナルTシャツもゆるくてかわいい。15ドル。買うでしょ、絶対。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111605j:plain

そのほか、ローカルが通う店といえば「Marfa Burrito」。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111609j:plain

やけに洒落てるグローサリー「THE GET GO」。

 

マーファといえばドナルド・ジャッド。ジャッドといえば、「ジャッド ファンデーション」と「チナティ ファンデーション」です。

f:id:hynm_unplugged:20180308111620j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180308111623j:plain

街に点在するジャッドのいろいろは、ツアー(有料)に参加すれば見ることができます。

f:id:hynm_unplugged:20180308111718j:plain

こういう荒野をジャッドが買い取って、作品を展示してるんです。ポツンと立方体が見えるのわかりますかね。。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111722j:plain

図録などもいちいち洒落てます。

 

マーファはとても狭い街です。お店は中心にギュギュッと集まっていて、そこを外れるとすぐに荒野です。 

f:id:hynm_unplugged:20180308111636j:plain

そんななかにポツンと建っている住居。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111640j:plain

美術館ですか?というぐらい美意識の行き届いたお宅なんかも。

 

本誌でも紹介しているお店「Wrong Store」。

f:id:hynm_unplugged:20180308111654j:plain

お店自体も相当イケてるのですが、その裏にある住居がハンパなかったです。インテリア企画だったら、巻頭ブチ抜き大特集もんでしたね。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111700j:plain

注射器とかで作ったシャンデリア。。このセンス。。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111704j:plain

ピンクの色味が絶妙なリビング。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111707j:plain

こんなにセンスのあるトイレ、見たことありません。

 

f:id:hynm_unplugged:20180308111711j:plain

庭。個人宅とは思えません。アガベもうれしそうです。 

 

そんなこんなで濃密な4日間を過ごし、帰路へ。朝8時の便だったので、マーファを朝4時には出発。

f:id:hynm_unplugged:20180308111725j:plain

怖い。。マーファはウサギがめちゃ多くて、どんどん道路に飛び出してくるんですよ。。轢かないように神経使うのも疲れます。

 

エルパソ空港」に着いたら、朝焼けが。

f:id:hynm_unplugged:20180308111732j:plain

とにかくいちいち風景が美しいエリアでした。

 

というわけで、マーファ取材記でした。毎回自分が記すこの旅行系ブログはあんまりPVがよくないのですが(涙)、まぁその気持ちもわかります。行く予定もないのに、知らんがなってことですよね。でも、もし行くことになったらこのブログのことを思い出してください。僕のことは嫌いになってもマーファのことは嫌いにならないでください!