ファッションにうんざりしている僕が、思わず欲しくなったもの。

こんにちわ、山本です。


もっぱら走っています。

で、困っちゃうのが、走ることにのめり込むほど、ファッションへの興味が薄くなっている自分がいる、ということ。


そもそもトレンドは把握はしたいけれど、そのトレンドには乗りたいとは思わない性分。だからこそ、近年のマーケティング思考の強い多くのファッションブランドの姿勢に正直、うんざりしているのが前提にはある。

流行やトレンド、マーケティングをも超越した圧倒的なクリエーションにワクワクしたいたわけで、人の掌で踊らされるようにファッションを楽しむなんて、ぼくにはできない。

結果、ファッションよりも本質的な要素の濃いスポーツの世界に心が大きく傾倒し、いわゆるファッション的なものに若干の嫌気がさしてしまったのだ。


そんなぼくでも、思わず食指が動いてしまったのがコレ。

f:id:hynm_unplugged:20180308193935j:plain
ソース:https://www.gq.com/story/salomon-speedcross-ultimate-fashion-sneaker


2018-19年秋冬コレクションの商品ではあるのですが、ぼくがトレイルランニングどころか日頃も愛用しているサロモンとタカヒロミヤシタザソロイスト.のコラボレーションシューズ。

しかも、サロモンのなかでもトップレンジのカテゴリーにあたるS/LABのモデルを選ぶあたりに、タカヒロミヤシタザソロイスト.のスポーツに対する真摯な姿勢が伺える。

ファッションとスポーツ、その関わり合いには歴史があるが、実際にファッションもスポーツも愛する人間としては、これくらいお互いがガチな姿勢にこそ、いまは共感を覚えるのである。


※追伸
UTMF、出るよ。