ビジュアルブック? フリーペーパーなんです。

『フイナム』をご覧のみなさま、

こんばんは、編集の村松です。

 

今日やっと自分の担当ページをすべて校了しました。

昨日、真理(しんり)さんがこのブログで書いていた通り、

本当は昨日が校了日でした…。

最善を尽くしたつもりですが、

どうしても間に合わず(しかも14ページw!)、

今日、僕は編集部でひとりひたすら

寂しく文字校の確認をしていました。

いやー、すべて校了した瞬間は

本当にホッとしました。

 

話は変わりますが、今号のある企画で

銀座にあるロエベのお店におじゃまして、

モデルを起用したファッション撮影をしました。

撮影が終わったあとに広報のかたから頂いた

ロエベのファジン(フリーペーパー)が秀逸だったので、

ここで紹介したいと思います。

 

f:id:hynm_unplugged:20180314224527j:plain

 

このファジンの名前は「Eye/LOEWE/You」。

ディレクションとデザインを手掛けたのは「MM Paris」です。

ジョナサン・アンダーソンがクリエイティブ・ディレクターに就任した際、

一新したブランドロゴを手掛けたデザインユニットで、

バレンシアガ、ジル・サンダーヨウジヤマモトなど

錚々たるブランドのアートワークも手掛けています。

スティーブン・マイゼルが撮影した

インパクトのあるビジュアルも印象的で、

紙はザラっとしたマット系のものを使っています。

 

f:id:hynm_unplugged:20180314225450j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180314225509j:plainf:id:hynm_unplugged:20180314225705j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180314225840j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180314225906j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180314230036j:plain

 

中ページはまさにジョナサン・アンダーソンの世界。

中性的でありながらも、強いインパクトを放つビジュアルの

世界観はさすがと言えます。

先日、『フイナム』でも紹介した

日本人フォトグラファー、fumiko imanoによる

ポートレートも掲載されています。

 

www.houyhnhnm.jp

 

さらに、このファジンは、表紙を取り外すことが可能。

表紙はポスターとしても使えるようデザインされています。

しかも、この裏側には、中ページで掲載された記事の

日本語訳もちゃんと載っています。

なかなか海外の本やフリーペーパーは、

英語ができないと読めないけど、

このファジンは文章でも

しっかりロエベの世界観を知ることができます。

 

f:id:hynm_unplugged:20180314231642j:plain

 

「Eye/LOEWE/You」は店舗で無料で配布しているそう。

ファッションやデザインを志しているかたにも

ぜひ見てほしい一冊です。

 

編集:村松