インスピレーションが繋げてくれた徒歩数分の「わざわざ行きたい店」。

こんにちは。アンプラグドのときだけガールフイナムから出張してくる松下です。

今日でアンプラグドの発売までちょうど1週間! まだ自分の担当ページ以外はまったく読んでいないので見本誌が届くのがいまから楽しみです。
さて、私はロサンゼルスのヴィンテージマーケット「インスピレーション」にてフイナムブロガーとしてもおなじみ、秋本ナオさんにお話を伺ってきました。「インスピレーション」には現地の有名ディーラーの他、日本のブランドも多数出店していてまさにファッション界の日米首脳会談的な雰囲気。こんなレアな3ショットも見れたりしました。

f:id:hynm_unplugged:20180315225623j:plain

(左から「フリークス ストア」の鹿島社長、アイス大好き小笠原さん、「ビームス」の設楽社長)

 

帰国後、たまたまうちの近くに古着屋があることを発見しまして。東京イーストサイドも捨てたもんじゃないな!と遊びにったのですが。なんとその「SNOW PLANT STORE」というお店のオーナーが〈ノースノーネーム(NORTH NO NAME)〉というハンドメイド・ワッペンブランドの方で、去年「インスピレーション」に参加していたというミラクルな出会いがありました。すでにアンプラグドの取材先は全部決まっていた時期だったのですが、枠が余ってたらぜひ取材したかったなー。〈ノースノーネーム〉は年に4回だけカスタムワッペンをリリースする他、ワッペンのオーダーも受け付けているそうなんですが、なんと数年待ちなんだとか…。

f:id:hynm_unplugged:20180315231728j:plain

オーナーさんのブログから拝借)

あと店頭では北海道のスケーターが始めた「アイスタッシュ」というアイスキャンディーが売っていて、これがめちゃくちゃかわいかった! そして美味しかった。北海道ではコンビニにも置いてあるくらいメジャーなようです。

f:id:hynm_unplugged:20180315232232j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180315232258j:plain

↑キウイ✕ヨーグルト味をチョイス。棒がずれてるのがかわいい。北海道産のミルクとハチミツを使用して手作りで製造しているんだそう。

古着屋があるのは浅草の観音裏という地元民が多く住むエリアなのですが、江戸っ子のおじいちゃんもこのアイスを目がけて「わざわざ買いにくる」のだとか。家から近くにこんな素敵なお店があるなんて嬉しいな。全フレーバー制覇するのが楽しみです。

 

ということで、お店に行って店員さんとおしゃべりすると楽しいことがあるよ!という話でした。3月23日はアンプラグドを左手に、右手にスマホのスタイルでグーグルマップ上に「行きたい場所」のピンを打ちまくりましょう!