入社2カ月で「アメリカを横断してきて」という指令を受けまして。  

こんにちは、編集部の木村です。

 

今年の4月、編集部の門を叩きました。

そしてあれは6月。「アメリカを横断してきて」と言われました。

「いきなりっすか!?」って話なもんですが、

会社の度量に驚きつつ、やってきましたアメリカ横断。

 

横断って聞くと、オープンカーに乗って髪をなびかせながら、颯爽と荒野を走る、みたいなイメージがあると思うんですが、今回はバス。やっすいバスです。

f:id:hynm_unplugged:20180914111952j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914104015j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914104213j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914105817j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914104425j:plain

このバスがエキサイティングなこと、この上ないわけです。

言うなればアメリカ文化を乗せて走る箱。

濃ゆいアメリカを見たい方はぜひ利用してみてください。

詳細は9月21日(金)発売の『Unplugged』でお伝えするとして、

ここからはハイライトでサクッと。

f:id:hynm_unplugged:20180914104652j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914104716j:plain

ニューヨークでは食べて歩いて、

f:id:hynm_unplugged:20180914105035j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914105114j:plain

デトロイトでは廃墟とアート。

f:id:hynm_unplugged:20180914110010j:plain

デンバーでは金塊ならぬ緑塊をじっくり観察。

f:id:hynm_unplugged:20180914110410j:plain

f:id:hynm_unplugged:20180914110643j:plain

サンタフェではラグとジュエリーにうっとりしつつ、

f:id:hynm_unplugged:20180914110824j:plain

ゴールのロサンゼルスでは、この少年と戯れたりして。

f:id:hynm_unplugged:20180914110210j:plain

そしてこれが、2週間強の旅に持っていった荷物たち。いままではバックパック派だったんですが、今回は右端のキャリーで。左の大きなカバンはずっと寝食をともにしていたカメラマン・塙さんの機材バッグ。ふたりとも買い物のしすぎで、帰りはもうパンッパンです。

アメリカは本当に振り幅の広い国でした。その幅を詰め込んだアメリカの記事、見ていただけたらうれしいです。