いま落語がおもしろい!

フイナムをご覧のみなさま

こんにちは。編集部の村松です。

 

実は最近、時間のあるとき

落語を観に行ってます。

きっかけは、昨年11月、

親友に誘われて行った寄席です。

場所は池袋演芸場でした。

 

観る前は決まりもよく分からないし、

難しそうだなぁ…なんて

勝手に想像していました。

だけど、観てみると単純におもしろい!

寄席では落語を中心に

漫才や奇術、モノマネなども。

老若男女、分け隔てなく

みんなが笑っている姿を見ると

どこか幸せな気分になります。

 

初めて行った寄席では、一番最後に

春風亭一之輔さんが登場しました。

確か演目は「居残り佐平治」

だったと思います。 

 

f:id:hynm_unplugged:20190313052539p:plain

 

一之輔さんは、独演会などで

いま最もチケットが取れない

落語家のひとりといわれています。

古典落語に現代的なギャグを加えつつ

噺を展開していくから、

初めてのぼくでも

内容が分かりやすくて、

噺にぐいぐい引き込まれました。

寄席が終わった、その日の夜から

時間があれば、YouTubeで落語を

観る日が続きました(笑)。

 

パッと観れておもしろい、

一之輔さんの噺を貼ります。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

今回の『フイナム・アンプラグド』では

一之輔さんにインタビューする機会に恵まれました。

内容は、一之輔さんの人生のサバイブ術。

取材のとき話を聞いておもしろかったですが、

ライターの方から上がってきた原稿を読んで

さらに、ひとりでニヤニヤしていましたw(笑)。

落語に興味があるひとにも、

無いひとにも読んでほしい!

 

『フイナム・アンプラグド』は

3月23日(土)発売です!

 

編集:村松